本文へ移動

介護従事者が濃厚接触者となった場合の対応について

令和4年7月25日


ご家族の皆様へ
介護従事者が濃厚接触者となった場合の対応について


 令和4年7月22日 厚生労働省より「濃厚接触者の待機期間短縮」に関する発表がなされた所ではありますが、濃厚接触者認定後の勤務再開に関しましては、高齢者施設である事を考慮し、施設内独自の基準と対策を実施してまいります。
 濃厚接触者の待機期間、及び勤務再開までの対応は下記の通りとなります。

濃厚接触者に認定、又は下記※1に該当(接触)した日を1と起算して5日間の出勤停止、以下ア~オの経過を経て、最短で6日目より勤務を再開致します。

ア、 1日目   自宅待機開始
イ、 2~3日目 施設より自宅へ抗原検査キット2日分を郵送
ウ、 4日目   抗原検査(陰性確認)
エ、 5日目   抗原検査(陰性確認)
オ、 6日目   出社、施設内の専用ルームで抗原検査 陰性確認→勤務開始

※濃厚接触者に認定(該当)した場合は、出勤再開日を含む3日間、計3回の抗原検査において陰性確認を行った後に勤務再開と致します。

※1濃厚接触者の定義
陽性者(無症状者を含む)の感染可能期間に以下の接触があった場合

■陽性者の同居者
■陽性者と長時間の接触
■適切な感染防護なしに看護、介護をしていた人
■陽性者の気道分泌液などの汚染物質に直接触れた可能性が高い人
■感染防止対策(お互いマスク着用等)なしに陽性者と1m以内で15分以上の接触があった場合

以上の基準は 令和4年7月23日より施行致します。

            

老人介護施設すずらんの家
施 設 長